FX裁量トレード最強インジケーター(ツール・手法)を厳選して紹介!!

3つのサイズの波とMA、チャネルを使ったFXトレード手法

波を見てチャネル、ライン、フラッグ、MA、Wを使って15分足でエントリーするトレードを紹介!

手法概要

3つのサイズの波とMA、チャネルを使ったFXトレード手法3つのサイズの波とMA、チャネルを使ったFXトレード手法 | GogoJungle

3つのサイズの波とMA、チャネルを使ったFXトレード手法3つのサイズの波とMA、チャネルを使ったFXトレード手法 | GogoJungle

波が見れて利を得てる人には簡単な内容になるかもしれませんが、初心者の方やまだ勝ててない方は理解しておいた方が良い内容です。

ただ、手法が分かっても使いこなせる様にするには練習が必要なので、その方法も説明。

赤(大波)青(中波黄(小波)の波をみてトレンドフォローで押し目買いする方法です。

良く、赤が4時間足の波(トレンド)、青が1時間足の波、黄が15分足のイメージですか?と言われますが違います!
それがいけないわけではなくて波を単一で見るのではなく複合で見て行きます。

ドル円 15分足

15分足のチャートですがこの中に赤の大波、青の中波、黄の小波で構成されてるのが分かりますよね。
こんな感じで見て行きます。
なので1つの時間足のチャートだけでトレードする事も出来ます。(他の時間足も見た方がいいです)

小波が中波を作って、中波が大波を作って・・・大きな波の方向にエントリー! 知ってますよね。
でも気が付いたら結構上がってて買ったら途端にさ下がったり・・(T_T)
なりますよね。

赤の高値が決まれば、赤は青波で赤の安値を探しに下がって行きます。
青の高値が決まれば黄波で安値を探しに下がり、安値が決まれば高値を探しに上がって行きます。
赤の安値や高値、青の高値安値は何時決まるの?
安値が付いてからすぐに買えば途端に下がる確率は低くなります。

この波の見方は特に珍しい物ではなく一般的なダウ理論ですが2,3つの波で複合で見れる様になってくるとトレンドに乗り易くなります。
だた、それだけでは勝てないのでラインやMAやチャネルを追加した手法のトレードを紹介しています。(そんなに難しくはないですが訓練は必要です)

手法に関しては合う合わないがありますが、この波の見方はどの時間足でも対応出来ますし、これをベースに自分の好きなインジケータ―を追加して自分なり手法にして変えて頂いても良いと思います。

100%勝てる手法はなく、勝てる手法でも訓練しないと使えません。
訓練の中で負け易いパターンの発見があったり、こーした方がいいんじゃね!?って事も出てくると思います。
その繰り返しで自分なりの使いやすくより勝てる手法になって行きます。

この方法でチャートを見れると・・

  • トレンドに乗れる
  • 簡単な所と難しい所が分かる様になるので変な所でトレードしなくなる。
  • どの時間足でもトレード出来る。
  • 大きな波でゆっくり目のスイングトレードでも小さ目のサイズの波でスキャルピングでも出来ます。
  • 環境認識になるのでこれをベースに自分の手法が出来る

などなど・・

このチャート見方は特に珍しいものでもないですが、それを分かり易く使える様に説明していきます。

後は、より優位性を高める為にMAとラインを使ってエントリーをしていきます。、決済に使うチャネルの引き方、使い方も書いています。

MAは各MAとの空間も大切になりますし何より形が重要になります。ラインも効いてるラインを引いて判断しないと意味がありません。

チャネル、エントリー、決済はこんなイメージです。

下は上の図にチャネルを引いて決済した図

初心者にもわかる様に

  • トレンド、波の色の付け方、エントリー
  • MA、ラインを使った手法
  • チャネルの引き方、決済
  • 練習の仕方

を説明していきます。

タイトルとURLをコピーしました