本物の裁量トレーダーを目指すなら、本物から学べ!『FXデイトレ百科』

FX海外業者が危険な理由:レバレッジ?

レバレッジ危険度比較?

( 例 )

問1)どちらの方が重いでしょうか?

【あ】鉄:100トン

【い】綿:100トン

問2)どちらのリスクが高いでしょうか。

【あ】レバ25倍:損切り1万円

【い】レバ888倍:損切り1万円

問3)どちらが多く稼げるでしょうか?

【あ】1lot × 100pips

【い】10lot × 10pips

答え)

全て同じ

です。

問3)について別の質問をします。

どちらの方が勝ち易いでしょうか?

説明するまでもありませんが、リスクは同じで勝率が高いなら、それを選択しない理由がありません。

世の中、ハイレバが危険かのような風潮がありますが、

『ハイレバ』でなく『規律』の問題であり、規律はメンタル要素です。

ハイレバどうこうでなく規律がなければ、レバ何倍であろうと無茶して負けるだけです。

むしろ、レバレッジは株や先物にはない、FXの需要な考慮すべきメリットのひとつであり、

海外業者を利用したレバレッジの最大化は、メリットの拡大と言えます。

ただし、メリットが増えたぶん注意すべき事が他にある。というそれだけの事です。

繰り返しますが、ハイレバレッジが危険なのでなく、ハイレバレッジにまつわるその他の要素・状況(メンタルや資金管理)を考慮する必要があるという事です。

危険性を算出する

単純に考えて、

レバ:25倍

資金:10万円

1トレードのリスク:1万円

で全敗すると、6トレードで退場です。

(証拠金不足になる為*ドル円=120円の場合)

レバ:250倍

資金:10万円

1トレードのリスク:1万円

で全敗した場合、9トレードできます。

なお且つ9連敗後も、残った1万円で、1トレード当りのリスクを減らして更に数回のトレードが可能です。

無論負けの回数分負け額は増えますが、
同じ額のリスクを負ったトレードの回数が増えただけに過ぎません。
10連敗する間には数回の勝ちもあるでしょう。

同じ手持ち資金でより多くのチャンスがある事は、

単に機会ロスを減らすだけでなく、

次に負けたらトレードできなくなる」という精神的重圧から開放される為、精神的に良い影響もあります。

上記は全敗した場合ですが、当然勝つ時もあるでしょう。

相場に恵まれず、連敗から入る場合も、精神状態がまるで違います。

危険なプレーヤー

危険なのはプレーヤーです。

250倍あるからといって、1回のトレードに限界までポジションをとるのはギャンブルでしかありません。

素人がF1のアクセルをベタ踏みしてるようなものです。

ギャンブルというよりただの破滅型ドMヤローです。

チンパンジーに核爆弾のスイッチを拭き掃除させているようなものでヒヤヒヤします。

加減くらいは知ってやりましょうと言う事です。

相場の制限速度

考えあるトレーダーは安全運転をします。

といっても、いつもと同じロットでトレードするだけです。

日頃は制限速度を守り、自分が安全だと思うリスクのみ(スピード)を上げて勝負します。

時々ハイウェイに乗る時にアクセルを踏みこみ、終わるとまたリスクを落とします。

この、

チャンスの時に思い切ってアクセルを踏める自由は、むしろ安全に寄与します(ハイレバの場合)

千載一遇のチャンスに、徐行しかできない車はちょっとしんどいです(ローレバの場合)

原付バイクの制限速度は30キロですが、メーターは60キロまであります。

物理的にも精神的にもその方が安全面で優れています。

FXのレバレッジにも同じ事が言えます。

いつも全力の状態だと、危険を回避する余裕は生まれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました