好評につきGogoJungle 人気のインジケーターがお買い得価格に!期間は6月30日迄!

相場で生き残るタイプ

『自己規律』

みなさんは『自己規律』を守れていますか。

冷静な者だけが生き残る世界です。

相場の世界は、よく戦場に例えられますが、
戦場であたふたパニくって優柔不断になってたら超危険ですよね。

それぐらいの真剣身があるでしょうか。

兵士が戦場で平常心を崩さずに任務を遂行できるのは、
圧倒的な軍規、日頃の鍛錬、それに加えて実践経験があるからです。

コーヒーを飲みながら出来るからといってトレードを甘くみている事はありませんか。

戦場に着いた時、既に勝負は半ば決まっていると言えます。

(私はインジを利用してアマゾンプライム観ながら待ちますが;)
(これはまあ、良い武器を持っていると言う事で…)

アツくなるのが悪いという訳ではありません。
格闘家も闘志の中にクレバーがありますよね。

どれだけ冷静に、感情をコントロールできるかが大事です。
このタイプが、相場で生き残るんです。

クドイようですが勝てるようになるまでは
数字」でなく「規律」の評価を重視してみて下さい。

そうすると、

数字」が後から付いてきますよ。

トレードする猿の勝率

ウォール街のトレーダーの勝率と、サルにダーツを投げさせてトレードした場合の勝率がほぼ同じです。

正確に言うと「チンパンジー」らしいですが、どっちでもいいです。

実験の真偽は別として、勝率の件は恐らく本当でしょう。

この事から解るように、

トレードは損益比率が大事な考え方になります。

どれだけのリスクに対してどれだけのリワードを得るのか?

ここを明確にせずして継続的な勝利はありえません。

リスクリワード比を意識してトレードして下さい。

例えば、

USD/JPY:120円というのは「価格」です。

このUSD/JPYが、数時間後に121円に上昇する見込みがあるなら、

内在する「価値」は121円です。

内在する価値に対して、提示されている価格の方が安ければ買いです。

ですが、価格は波を打って上下しますので、数時間後に「下がっている」可能性もあります。

これがリスクです。

もしこのリスクが、内在する価値の値より低ければ、良いトレードとなります。

これを続けていれば基本的に勝ち越します。

実にシンプルです。

この「自分にとって都合の良い」トレード(交換条件)を繰り返すと勝つ事が出来ます。

一回一回のトレードは、自分にとって「得」だと思えていなければいけません。

ドキドキしながらエントリーして、損切りになったら悔しがるのはここを履き違えているからです。

仮に損切りになったとしても、
自分にとって交換条件の良いトレードを行った結果ですので悔やむ事はありません。

損切りになったとしても、自分にとって「得」なトレードをしたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました