相場解説 MAとBBで考察してみた

相場環境を色々始点を変えてみてみた

MAを用いた相場解説

MA解説の留意点

初めに言っておきますが、MAを使った説明は誰でも出来ます。

MAは遅行指標ですので、価格の後から付いてくるのがMAです。

また、ここではあえてMAの期間設定を明示しません。

MAの期間を変えれば、過去のチャートに対していくらでも最適化できます。

「○○期間のMA」に固定した理論と考えるのでなく、自力となる「概念」を身に付けるよう解釈して下さい。

特定の手法を使用する時以外に、期間にこだわる必要はありません。

ここでは原則的な判断として解るように説明しています。

初心者の方でも10年先まで使える「ライントレード極(きわみ)」 シンプルデイトレード
商材概要 「ライントレード極(きわみ)」1700万円の損失から復活[億り人へ!! シンプルデイトレード 作者様より手法開発に至るまで 2011年3月、私は1700万円の損失を経験し、メンタルも資金も崩壊しましたが、そこから一念発起して一から...

MAによる見方

緑が長期赤が短期EMAです。

まず、チャート中腹部は一瞥して買い方優勢の状況です。

長期MAの上に短期MA・価格が位置しているからです。

短期MA・ローソク足とも、長期MA付近で反発上昇しているのが解ります(青○)

しかし赤○でのデッドクロス後、長期MAを抜ける事が出来ず、デッドクロスという王道パターン通り下げに転じています。

この事は、赤○地点で長期MAの傾きが横ばいになっている時点である程度予測ができます。

中腹部までの長期MAは右肩上がりですが、赤○地点では水平(レンジ)状態となっており、今後の下落を予感させます。

MAは、MAの角度、MAと価格の位置関係上下の別と乖離幅)が重要です。

グランビルの法則通りの値動きとなっています。

ここまでは教科書通りの相場が展開されています。

しかし、先述のように私のエントリーポイントは、この状態で見ると明らかに売りエリアです。

この事でお解り頂けると思いますが、MAより水平線を重視しているという事です。

MAらしくグランビルの法則を使って説明するなら、MAから乖離し過ぎた後の戻りという事になります。

しかしどこまで乖離するか、どこで戻るかは解りません。

FX裁量トレード・投資おススメ(ツール・手法)を厳選して紹介!!更新日2024/06/21
個人的また評価、実戦的、ロジックの確実性と勝てるものを厳選してみました!。 金融庁の「投資助言代理業」に登録済のスクール1日10分で出来る「考えない」投資術【タケルFXスクール ベーシック通信コース」 金融庁の「投資助言代理業」に登録済のス...

MAに向いている手法

MAはトレンドフォロー型の売買に適しています。

例えば、本エントリーのその後を見て見ると下のようになります。

それぞれの○は、エントリー後に、短期MA・長期MAに価格が接触した地点です。

長期MAを基準にした場合は、私のエグジットポイントより約2倍程度の利益があった事になります。

このようにトレンドフォロー戦術でMAを基準に売買した場合、MAに接触しない限り利益が伸び続けます。

MAの値が建て値を超えた時点で負けが無くなり、かつ青天井に利益を追いかける事が可能です。

エントリーポイントが少々ずれてもその分大きく狙える利点があり、初心者にも理解しやすい手法です。

表示のチャートは1時間足なので、長めのホールドになります。

この間、資金運用効率が悪くなる事も考えられますので、資金や、性格・生活スタイルにあった手法を使うようにしましょう。

・・・・BBで見る相場環境に続く。

タイトルとURLをコピーしました