新!!『もちぽよアラート』トレンドの押し目&戻し~逆張りまで、高精度で狙えるサインインジケーター+手法のセット

MT5(MT4)用インジケーター 最適ロット計算&ワンクリック取引ツール 

最近はMT5用のインジケーターも、このサイトから売れていますのでお手頃価格で人気の高いインジケーターを紹介します!( MT4用もあります )

最適なロットを計算、ワンクリック取引ができます

( FX,CFD,Indexに対応 )

※ このインジケーターは、Windows DLLを使用していますので、Windows専用です。

価格も8,000円とお得な価格で、このサイトからも最近売れています。

販売実績:109本(2021年/8月19日現在)

[MT5]Optimum Lots(最適ロット計算&ワンクリック取引ツール)許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです | GogoJungle

許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです | GogoJungle

MT4用もあります。

[MT4]Optimum Lots(最適ロット計算&ワンクリック取引ツール)許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです | GogoJungle

MT4&MT5用のセットもあります。

[MT4 & MT5]最適ロット計算&ワンクリック取引ツール(Optimum Lots)許容損失額をもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引が行えるツールです | GogoJungle

インジケーター概要

WhatYouCanDoWithThisTool.png

Version 5.31新機能

  • SL建値移動機能拡張(建値とSLの間隔をスリッページ分、スプレッド分、ゼロから選択する)

ロット計算機能

このインジケーターは、一回のトレードで許容できるドローダウン(損失)に達してしまうまでの最適なロット数をリアルタイムに自動計算して表示する機能を提供するツールです。

各通貨ペアにおいて、自身が許容可能なドローダウンに達してしまうまでの最適なロット数をリアルタイムに自動計算して表示します。
例えば、余剰資金の1%以内に損失を抑え、かつトレードプランで決めたロスカットは20pipsのとき、ロット数はいくつが最適なのかを計算します。

optlot_image001
table01.png

CFD対応

CFD/先物銘柄でも最適ロット数を計算出来るようになりました。(2020/04/27)

但し、(0.1、1.0単位でロット数の調整をするような)ロットステップが大きい銘柄では、計算した最適ロット数が丸められるため、実際のドローダウンは入力値と誤差が生じます。

optlot_image007

外部アプリケーション

optlot_image_002

GUIの右上にあるボタンのうち、▲マークのボタンを押すと、自動計算ツールが外部アプリケーション化します。

optlot_image_003

この外部アプリケーションは常時最上位に表示する設定になっていますので、MT4がアクティブの状態でもUIが画面下に潜り込むことはありません。

また、この状態のときに限り、設定したpipsによるストップ位置のライン表示や、ライン移動によってストップ位置の調整を行うことができます。

外部アプリケーションを閉じると自動的にチャート上のGUIに戻ります。

ワンクリック取引

画面上の注文パネルにある“成行”ボタンを押すと、スピード注文画面に切り替わります。

optlot_image_008

画面の説明

  1. ロック/アンロックボタン

    ワンクリック取引のロック/アンロック状態を切り替えます

    初回アンロック時には免責事項が表示されますので、内容に同意して頂くと、ワンクリック取引の利用が可能となります。
  2. 通貨選択リストボックス

    MT4の気配値表示にある通貨一覧がコピーされています。取引したい通貨をここから選択します
  3. Bidボタン

    成行売り注文を出します
  4. Askボタン

    成行買い注文を出します
  5. 売りポジション全決済ボタン

    現在選択している通貨の売りポジションを一括決済します
  6. 買いポジション全決済ボタン

    現在選択している通貨の買いポジションを一括決済します
  7. 損切り注文を同時に発注する

    成行注文時に損切り注文も同時に発注します
  8. 利確注文を同時に発注する

    成行注文時に利確注文も同時に発注します
  9. 全ポジション一括決済ボタン

    現在選択している通貨の全ポジションを一括で決済します
  10. 発注するロット数

    成行注文時のロット数です

    計算された最適ロットが自動で入力されます
  11. 最適ロット数アンロック

    最適ロット数の自動入力を強制的に停止し、自由にロット数入力を出来るようにします
  12. 現在選択中通貨ペアポジションの総ロット数
  13. 現在選択中通貨ペアポジションの平均レート
  14. 現在選択中通貨ペアポジションのpips
  15. 現在選択中通貨ペアポジションの評価損益
  16. 通貨ペア(シンボル)情報

    選択中の通貨ペアで取引可能な最大ロット数、スワップ等の情報が閲覧できます
  17. バーストショット

    チェックを入れると、この数値ボックスで指定した値で、成行注文時のロット数を分割して連続発注するようになります

    詳細はバーストショットの項を参照してください
  18. 分割ロット

    チェックを入れると、オプションで設定した分割数とロット割合で成行注文+ストップまでの指値注文を同時に発注するようになります

    詳細は分割ロットの項を参照してください

Stop Loss/Take Profitを視覚的に調整する

ストップ位置を表示する

下図の矢印1にある、“許容できる最大ドローダウン”パネル内の、“Draw S/L line”にチェックを入れると、MT4上のチャート全ての現在値から設定したpips離れた上下に水平線(矢印2)が表示されます。

Pipsを調整すると水平線もリアルタイムに移動するので、ストップ位置までの距離が計り易くなります。

optlot_image_004

水平線を移動させてストップ位置を調整する

下図の矢印1にある、“Set by line”にチェックを入れると、MT4上のチャート全ての現在値に上下に移動可能な水平線が表示されます。

この状態では、外部アプリケーション側のストップまでのpips入力は不可となり、ラインを移動することで、現在のプライスに左右されないストップ位置を決めることが出来ます。

optlot_image_005

上図は、ドル円でロングをしようと考え、ストップを現在値の下にある最後の押し安値(矢印2)までラインを移動させた例です。

現在値の107.800から107.632まで17.0pips離れているので、その値が自動的に矢印1付近左にある許容ドローダウン(pips)に反映され、その状態で各決済通貨での最適ロット数が計算されます。

利確位置を表示する

下図の矢印1にある、“期待リターン”パネル内にある、“Draw S/L line”にチェックを入れると、MT4上のチャート全ての現在値から設定したpips離れた上下に水平線(矢印2)が表示されます。

Pipsを調整すると水平線もリアルタイムに移動するので、利確位置までの距離が計り易くなります。

optlot_image_006

水平線を移動させて利確位置を調整する

下図の矢印1にある、“Set by line”にチェックを入れると、MT4上のチャート全ての現在値に上下に移動可能な水平線(矢印2)が表示されます。
この状態では、外部アプリケーション側の利確までのpips入力は不可となり、ラインを移動することで、現在のプライスに左右されない利確位置を決めることが出来ます。

optlot_image_007

上図は、ドル円でショートをしようと考え、利確位置を現在値の下にある押し安値(矢印2)付近までラインを移動させた例です。

現在値の107.784から107.331まで45.3pips離れているので、その値が自動的に矢印3の期待リターン(pips)に反映されます。

リスクリワード表示

rrr.jpg

許容できる最大ドローダウンと、期待リターンパネル内にある、“Draw ** line”両方にチェックを入れると、利確と損切りまでのpipsが確定するので、リスクリワード比率を計算し、表示することが出来ます。

また、期待リターンをR/Rにすることで、TPまでの距離をリスクリワード直接指定で設定することができます。

IFO注文

optlot_image_009
  1. 売買区分

    売買方向を決めます
  2. 新規執行条件

    指値(指定したレートで逆張り)、逆指値(指定したレートで順張り)を選択し、指したいレートを入力します
  3. 決済執行条件

    チェックボックスにチェックを入れると、その執行手段が有効になります。チェック後、それぞれのレートを入力します。
  4. 有効期限

    注文の有効期限を入力します。ここはローカル時刻で入力してください。実際の注文はMT4サーバの時刻に補正して行われます。
  5. MT4ライン描画

    Draw Lineにチェックを入れると、MT4の各チャートに新規エントリライン、リミットライン、ストップラインが描画されます。

    Set by lineにチェックを入れると、MT4のチャート上の水平線を移動することで注文用のレートを設定できます。
  6. 発注

    1~5で指定した条件で注文を発注します。

    また、このボタンは売買区分と新規執行条件で決まるオーダータイプの画像が表示されます。
[MT4]Optimum Lots - IFO対応
Optimum LotsへのIFO対応の要望が多かったので実装しました。そのデモ動画です。

後書き

まだまだ機能がありますが、詳細は商材名をクリックして確認ください。

言えるのはこの値段でこの機能は、裁量トレードをやっている人にはとても重宝しますし、便利ですし、役に立つことは間違いないです!!

[MT5]Optimum Lots(最適ロット計算&ワンクリック取引ツール)許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです | GogoJungle

許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです | GogoJungle

[MT4]Optimum Lots(最適ロット計算&ワンクリック取引ツール)許容できる最大ドローダウンをもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引まで行えるツールです | GogoJungle

[MT4 & MT5]最適ロット計算&ワンクリック取引ツール(Optimum Lots)許容損失額をもとに最適なロット数を自動計算し、そのロットを使ってワンクリック取引が行えるツールです | GogoJungle

口コミ

探していたツールがやっと見つかりました。

とても便利なツールです。 最適ロット自動計算は資産管理にはとても役立ちます。 長い時間足でロスカットまでPIPSが大きい時はロットの分割を 15分割くらいまで設定できればもっと使いやすいと思います。

超~便利

MT4での発注が馴染めず、チャート分析はMT4、取引システムは別でという状態でしたが、このツールのおかげでMT4のみで良くなりました。また最適ロット自動計算は本当に便利でエントリータイミングを逃さなくなりました。他にも色々と便利な機能があり試してみたいと思います。

頭の中で高出来たら便利だな。と思っていた事がインジケーターとしてあって驚きました。 最高です。 個人的には 資金の何%を損失許容額とするかではなく、何円損失許容額にするかを決めて損失額に合わせたlot数を自動で出してくれる機能も欲しいです。。。 2000円と決めた場合は損失が2000円になるようにlot数を計算してくれるような機能です。 もしよろしければお願いします!応援しています!

こういうのを探してました。

FXの基本中の基本である資金管理をしっかりと計算してくれます。 私がExcelで口座残高からリスクリワードや最適ロット数を計算してくる計算式を作りましたが、 こちらのインジケーターの方がMT4で直感的に使えるのでお勧めです。 作者であるAltoさんは常にユーザーの声を開発に活かして無料バージョンアップを重ねてくれています。 価格は3,000円じゃ安すぎじゃないですか?下手なEAよりよっぽど効果が見込めると思います。 これからも応援したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました