好評につきGogoJungle 人気のインジケーターがお買い得価格に!期間は6月30日迄!

マルチタイムフレーム分析でトレンド読み取れ!

相場の方向性を読む

相場の方向性を確認するのって、すごく難しいことだと感じている方はいませんか?

相場は常に動いているため、どちらに動くのか判断するのは確かに困難かもしれません。

しかし、「マルチタイムフレーム分析」という方法を行えば、おおまかな相場の方向性を確認することができるんです!

今回はそんな「マルチタイムフレーム分析」についてご紹介していきますよ。

まず、「マルチタイムフレーム分析」という分析方法をあなたはご存知ですか?

「マルチタイムフレーム分析」……通称「MTF」と呼ばれています。まぁ、そのままの略称なんですけどね。

マルチタイムフレーム分析ってシンプルな名前でありながら、意外とトレードに重要な役割を果たしています。

これを知っておくことで、明日からのトレードが昨日よりも格段にやりやすくなる可能性もあります!

「マルチタイムフレーム分析」とは?

「マルチタイムフレーム分析」とは、簡単に説明すると複数の時間足を確認して現在の相場環境を把握して、エントリーポイントを割り出す分析のことです。

言い換えると、複数の時間足(上位足)の環境や方向性を確認し、今の相場が売りと買いのどちらに適しているのか、優位な方向へのエントリータイミングを下位足で割り出す分析方法ですね。

もっと噛み砕くと、「ひとつの通貨ペアのチャートを2つ以上の時間軸で表示させること」です!

この「マルチタイムフレーム分析」のどこにトレードのメリットがあるかというと、長い時間足のトレンド方向にその後も進む確率が高いという点に優位性を持たせているんですね(^^)

短期・中期・長期など色々なトレードスタイルがありますが、この「マルチタイムフレーム分析」はどのトレードスタイルにも必要とされる重要な基本分析なんです。

どのようなトレード方法でも、ひとつの時間足だけしか見ていない場合、相場に対する見方や考え方が限定されてしまうと思います……。

いわゆる……<木を見て森を見ず>の状態になります。

FX初心者の方にが陥りがちの症状ですね。

長期に渡って勝ち続けているトレーダーは、複数の時間足、時間軸を見ながら相場を複合的に確認しています。

色々な時間足を見てしまうとエントリーを迷ってしまうというトレーダーさんも中にはいるかと思いますが、利益を上げていくためにやっておいた方がいいことです。

最強の通貨強弱インジケーター!異国のBB通貨強弱MTF
最強の通貨強弱インジケーター!RSI,CCI,ストキャスティクス,DeMaker,MFI,WPRを使って通貨の強弱が見れる!インジケーター概要【重大告知】2021年に改良を重ね大幅にバージョンアップました!...
異国のRSI-GMMA-SYSTEM4つのインジケーターセット
世界初のアイディア!RSIからGMMAを作るインジケータRSI GMMA SYSTEM!MTF機能やノイズも削除出来る最強セット!今回異国の戦士が開発した「RSI GMMA SYSTEM」は世界で唯一のアイディアを形にしたインジケ...

有効な時間足とは?

FXで使用する時間足は短い足だと1分足から、長い時間足だと月足までと様々あると思います。

では一体どの時間足が適しているのか?

「その人その人によって違います」!そうなんです。

特に決まっている時間足はないんです。

どの時間足がいいのかというのは、トレードする人の性格やトレードスタイル、トレードのレベルによって違うので一概にはいえません。

しかし、一般的にいわれていることとしては、

  • 1分足トレードの場合:5分足~30分足
  • 5分足トレードの場合:30分~2時間足
  • 15分足トレードの場合:1時間~4時間足

が適しているといわれています。

裁量トレードにで役立つ安価な商材一挙紹介!
一押し!MT5(MT4)用インジケーター 最適ロット計算&ワンクリック取引ツール 最適なロットを計算、ワンクリック取引ができます!価格も8,000円とお得な価格で、このサイトからも最近売れています。ダイバー...

でも、これはあくまで目安なので、実際にエントリー判断に使う時間足を基準にして、考えてもらうのがいいかと思います。

1分足でトレードを行う人が5分足のチャートを確認してもあまり意味はないですよね?

どうせならもう少し上の時間足……つまり、30分足や1時間足を確認したほうが、優位性は高い感じがしませんか?

明確な決まりはないものの、トレードする時間足を基準に考えてみることで、どの時間足を確認したほうがいいか、ある程度見えてくると思います。

どの時間足を確認するかによって、トレードに大きな影響を与える可能性もありますので、最初は2つの時間足に絞らないで色々な時間足を確認してみることもオススメです。

トレードする時間足だけを確認するのも悪くはないですが、上位足を確認することで大きな相場の流れを把握することができますよ。

上位足を確認するポイントは?

「有効な時間足とは??」で解説したように、2つ以上の時間足を確認したほうが優位性は高くなります。

ただ上位足を確認するのではなく、確認をするポイントがいくつかあります!

  • 現在の相場がトレンド相場なのか、レンジ相場なのか
  • 高値と安値の確認
  • 現在のレートに対して、サポレジラインはどこにあるのか

この他にも色々とあるとは思いますが、上位足の環境、相場状況をあまり細かく見すぎてしまっても、相場を単純化して見れなくなってしまいます。

そのため、大まかに上記の3つを確認するのがいいかと思います。

初心者の方は色々と確認すると混乱してしまうかもしれませんので、まずはトレンド相場なのかレンジ相場なのか判断してみましょう!

時間足で同じ方向

トレードに慣れてきましたら、レンジブレイクしているのか、高値安値の切り上がり、切り下がりはどこにあるのか確認するのがいいと思います。

 
さて、確認するポイントをお伝えしましたが、確認した上位足の方向がバラバラになっている場合もあるかと思います。

時間足で違う方向

日足は上昇トレンド、4時間足はレンジか上昇トレンド、1時間足は下降トレンドと見事にバラバラになっていますね。

このような相場も珍しくはありません。

このように一貫性のないような相場の場合、どのようにすればいいと思いますか????

まぁ、大体のトレーダーは様子見だと思います。

エントリーをしないで相場がどのように動いていくのか確認してから、エントリーするかしないかの判断を行うと思います。

仮にエントリーするという場合でも、大きなトレンドに逆らわないというのが重要なポイントになるでしょう!

大きい足ほど強い方向性を示していますので、

日足>4時間足>1時間足>30分足>15分足の順に勢いが強くなると覚えておくといいですね。

指標との組み合わせ

マルチタイムフレームだけでも十分判断はできますが、それだけでは勝てるポイントでエントリーする事は難しいでしょう。

ここは色々な指標( インジケーター )も併用しながらエントリーポイントを見つけるのが正解です。

時間足の差を見ることは非常に重要だとは思いますが、それだけで勝てるトレードはできません!

やはりそこはインジケーター( 自分なりに合ったモノ )なりを、併用して確実なエントリーポイントを探るのが重要です。

自分のロジックを持っていれば、このマルチタイムフレーム分析を加える事によって、より確実なエントリーポイントを見分けることができるようになると思います。

トレード手順

先ず初めに通貨強弱を探り、現在最もトレンドが出ている通貨ペアはどれか?を見つける。

通貨強弱を利用するFXトレードのメリット!
FXの基本としてあなたはこんな情報を目にしたことはありませんか?為替取引の基本は“最も強い通貨を買い最も弱い通貨を売る事”。この基本原則を知ってはいるけれど…それはどうしてなのか?どんな風に基本を活用してトレード手法にするのか?特...
高機能はいらない方に紹介!通貨強弱判別インジケーター
通貨強弱・相関逆相関をビジュアル化したインジケーター『Technical』通貨強弱・相関逆相関をビジュアル化したインジケーター『Technical』購入者レビュー補助的なツール一緒に...
トレンドを通貨強弱で見分けるインジケーターで勝ち取れ!
トレンドを通貨強弱インジケーターで正確に判別できる手法!『トレンドを通貨強弱インジケーターで正確に判別できるFX手法を伝授します』FXは通貨の持つ、その時の価格( 価格 )で対する通貨ペアに選んだ価格に対して、強いか弱いか...
通貨強弱・相関逆相関をビジュアル化したインジケーター
FXトレードをしている方であれば、誰もが考えていることでしょう。トレードを行う上で勝率を上げるためには環境認識は必要不可欠です。当インジケーターは、通貨(通貨ペア)の強弱はもちろん、各通貨ペアの相関・逆相関関係を考慮し、特に強い動...
安価だけど役立つ商材を一挙公開 第一弾
合成チャートで通貨ごとのトレンドを把握。逆相関を探して優位にトレード!!合成チャートで通貨ごとのトレンドを把握。逆相関を探して優位にトレード!!口コミ求めていたもの!相関判断の精度が上がり無...

次にマルチタイムフレーム分析でトレンド方向が、買いか売りかを見極める。

更にそのトレンド方向がすべての時間足で一致しているかどうかを確認。

条件がそろえば後は、じっと待って確実なエントリーポイントを捉える。( これは自分なりのロジックでも良いですし、今までも散々言ってきましたが販売されている商材を自分のロジックとして使用する )

これでチャンスを逃すことなく確実に近いエントリーポイントを探る事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました