大学進学を目指す高校生のための完全オンライン型の通信制サポート校マナリンク高等学院

【無料個別相談】先生を選べる!大学受験特化のサポート校【マナリンク高等学院】

通信制高校へ通う方の大学受験対策をサポートする、完全オンラインの通信制高校サポート校です。

【マナリンク高等学院】概要

高等学校等就学支援金制度の対象校です

※マナリンク高等学院の連携校が対象となります。

通信制高校とサポート校の違い

通信制高校とサポート校の大きな違いは高校卒業の資格が取れるかどうかです。

マナリンク高等学院は通信制高校のサポート校ですが、通信制高校と提携をしているため高校卒業の資格と大学進学の両方をオンラインで叶えることができます。

大学受験”に特化したサポート校

〈通信制高校/通信制高校のサポート校/マナリンク高等学院の違い〉

・通信制高校…高卒資格取得
・サポート校…高卒認定試験対策や課題サポート
・マナリンク高等学院…”大学受験対策”&課題サポート

マナリンク高等学院は様々な事情で学校へ行けていない不登校の生徒様・通信制に通学している生徒様の中でも、大学受験・大学合格を目指す方を対象しており、他には無いサポート体制を整えています。

プロの先生を自由に選べる!

これまでの学校には無かった「生徒が先生を選ぶ」という新しい価値を提供しています。

全国の優秀な先生の中から大学受験に特化している自分に本当に合った先生を選ぶ事で、授業へのモチベーションを上げ、大学合格へと導いていきます。

また、大学受験だけでなく「不登校指導のスペシャリスト」が集まっているのも特長です。

スクーリングは年間最低4日間!

通常の通信制高校の場合、週1~3回程度のスクーリングが必須となっております。


しかし、マナリンク高等学院の提携先の通信制高校の場合「年間最低4日間」のスクーリングで高卒資格を取得できます。

それ以外の日は大学受験合格のためだけの勉強に集中できる環境があります。

完全オンラインで完結

入学~卒業までマナリンク高等学院での学びや手続きは全てオンラインで完結


マナリンク高等学院には校舎がありません。

その代わり、オンラインの中での繋がり(バーチャル空間でのコミュニケーション)を充実させています。

完全オーダーメイドカリキュラム

不登校、学校への登校拒否などを理由に、学習に遅れてしまっている生徒様が多くいるため完全オーダーメイドカリキュラムで学習計画を立て、大学受験合格へ導きます。

高校生を対象としていますが、必要であれば中学生の範囲、小学生の範囲までさかのぼって学習を進めます。

大学受験に必要な学習だけに絞るので、どこよりも効率良く、塾などの併用なども必要なく大学進学に向けて頑張る事が出来ます。

多くの方が持つ疑問

・通信制高校から大学進学は難しいの?
・通信制高校って不利なの?
・通信制高校とサポート校の違いって?
・通信制高校の学費っていくら?
・通信制高校の勉強についていけるか不安..
・通信制高校のメリットとデメリットは?

通信制高校サポート校とは

通信制高校サポート校の特徴

通信制高校サポート校とは通信制高校に通う生徒がしっかりと3年間で卒業することができるように課題サポートからスクーリングの補助、精神面のフォローなどを行う民間の教育機関のことです。高校卒業の資格を取得するためには提携している通信制高校とセットで入学をする必要があるため通信制高校サポート校を基準に学校選びをする生徒も多くおります。

通信制高校のカリキュラムに加えて、サポート校では追加の授業や学習支援安定した学習環境を提供し、自宅学習だけでは難しい集中的な学習をサポートします。 生徒の日常生活や心理的な 側面にも配慮し、総合的にサポートを行います。

通信制高校サポート校の学費

通信制高校サポート校は通信制高校と別に学費がかかります。

通信制高校だけでは補いきれない部分をサポートしてくれるため、通信制高校とセットで通う生徒は多く、自分に合った通信制高校サポート校の選び方が重要になってきます。

通信制高校サポート校の学費目安(初年度)

通信制高校のみ通う場合年間25万円〜
通信制高校サポート校にも通う場合年間30万円〜150万円程度(通信制高校 + サポート校)

通信制高校サポート校のメリット・デメリット!

通信制高校サポート校では生徒一人一人の生活リズムに合わせたきめ細かなサポートが受けられます。学習障害や特別な学習ニーズを持つ生徒にも対応し、個別の学習計画を立てることができます。

高校卒業の資格を取得するためには提携している通信制高校にも同時に入学をする必要があります。

マナリンク高等学院ではオンラインにて大学進学に特化したコースのみを展開しており、通信制高校にて自分のペースで大学進学を実現することができます。

通信制高校とは

通信制高校の特徴

通信制高校とは、全日制・定時制とは異なり、通信による教育を行うため様々な事情を抱えた生徒に対して柔軟な学習スタイルや個々のニーズに合わせた教育を提供することが可能となっています。

通信制高校に通う生徒の中には、小学校や中学校の頃に不登校になってしまった生徒、仕事や芸能活動をしながら高校卒業の資格も両立して取りたい生徒、健康上の理由で学校に通うことができなくない生徒など多様な背景を持つ人がいます。

通信制高校の学費

通信制高校の学費は、取得単位の数やスクーリングの回数、学習形態によってかわります。全日制とは異なる費用構造なので自分の取得単位や学習形態に合わせて学校を選んでいきましょう!

通信制高校の学費目安(初年度)

公立
通信制高校
私立
通信制高校
入学金500円程度1万円~10万円程度
※週1~週5スクーリング
授業料1万円~2万円程度
※履修単位1単位につき300円~1000円
20万円~
※履修単位1単位につき6000円~
教材費
施設費等
2万円~3万円程度スクーリングあり:10万円~
スクーリングなし:3万円~
合計3万円~6万円程度25万円~

通信制高校のメリット・デメリット

通信制高校は学校から配布される課題を自宅にて取り組む形の学習形態です。学習教材は学校から郵送されるか、e-learningで提供されることが多く、自分のペースで学習を進めながら高校卒業の資格を取得することができます。

年に数回のスクーリングが設けられており、対面にて学習や交流の機会もあります。 しかし学習進度を自分自身で管理する必要があり、自律性が求められる場面や対面式の授業が少ないため、クラスメイトとの交流や協働学習の機会が限られてしまうデメリットもあります。

通信制高校から大学進学は可能?

通信制高校から大学進学をすることは可能です。通信制高校を卒業すると、全日制高校と同様に高校卒業資格を取得します。これにより、大学への進学資格も得られます。通信制高校の中には指定校推薦を設けている学校もあり、大学進学に力を入れている高校もあります。

しかし、多くの場合は自分で入試形式や出願条件など、目指す大学の最新情報を収集し、適切な準備を行う必要があります。

マナリンク高等学院では通信制高校に通いながら大学進学を実現することができます。

一人一人に合わせたカリキュラム作成からプロの先生による個別指導によって大学進学をより確実なものへ近づけていきます。

大学合格実績

<国公立大学>
東京大学/京都大学/大阪大学/東北大学/北海道大学/神戸大学/横浜市立大学/三重大学/和歌山大学/三重大学 など

<私立大学>
早稲田大学/慶應義塾大学/明治大学/学習院大学/法政大学/東京理科大学/上智大学/明治学院大学/同志社大学/南山大学/獨協大学/創価大学/立命館アジア太平洋大学 など

<医歯薬看>
金沢大学/広島大学/国際医療福祉大学/埼玉医科大学/東海大学/藤田医科大学/順天堂大学 など
一般入試・総合型選抜(旧AO入試)
どちらもご対応可能です

選べる3種類のオンラインコース

大学進学ライト

まずは高校卒業の資格取得を目指します!


途中で大学進学を目指したいとなった場合は、担任の先生を引き継ぎ可能となっているので、スムーズに大学進学対策が可能です。

大学進学スタート

将来の夢が決まっていない方や大学進学を視野にいれている方にオススメです!


大学進学対策をしながら将来の夢を考えるワークショップを通じて進路への解像度を上げていきます。

大学進学ステップアップ

大学進学を目指している方にオススメです!


塾に通う必要はなく、苦手科目を克服しながら得意科目を伸ばすことによって難関大学も目指していくことができます!

あとがき

特に通信制高校への進学や転学、現在高校生で不登校の方、不登校から大学受験を目指す方におすすめです。

学習の遅れがあっても、友人や先生とのコミュニケーションが苦手でも問題ありません。

完全オンラインでご自宅から大学合格を目指せます。

他にも資料請求、無料体験などもありますので、こちらもよろしかったらご覧ください!!

【無料体験】自分に合ったプロ講師を選べる!【オンライン家庭教師マナリンク 】

タイトルとURLをコピーしました