チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル

統計的に検証された「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」をパターン化したプライスアクション教本が完成!

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル

値動きを重要視されているトレーダー様が、とても重宝するインジケーター。

 プライスアクショントレーダーが待ち望んでいたMT4インジゲーターを公開

商材概要

チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル手法探しは終わりにしましょう。統計的に検証された「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」をパターン化したプライスアクション教本が完成 | GogoJungle

手法探しは終わりにしましょう。統計的に検証された「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」をパターン化したプライスアクション教本が完成手法探しは終わりにしましょう。統計的に検証された「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」をパターン化したプライスアクション教本が完成 | GogoJungle

相場の値動き(=プライスアクション)には、「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」があります。
インターバンクディーラーや勝ち組投資家は、これらのプライスアクションを熟知して、マーケットから利益を刈り取ります。

これらのプライスアクションは1本のローソク足の中に埋没し、通常のチャートからは読み取ることはできません。しかし、「ティックチャート」という少し変わったチャートを使うことで、「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」を可視化することができます。

このマニュアルでは、相場に繰り返し現れ、統計的に70%から90%の勝率となる「上がりそうな値動き」と「下がりそうな値動き」をパターン化して6つの「鉄板チャートパターン」として厳選。
エントリーのための前提条件、エントリーポイント、利食い・損切りポイントを明確化し、個人投資家が使いこなせるトレードマニュアルとして具体化しました。

プライスアクションが強い5つの理由

値動きの原理原則を捉える

プライスアクション・トレードは、相場の値動きの原理原則に沿った手法となっているので、逆行が少なく、利が伸びやすい傾向にあります。

豊富なエントリーチャンスがある

エントリーチャンスが豊富にあるので。無理にエントリーする必要が無く、有利な相場の状況に絞ったトレードが可能となります。

【損傷利大】のトレード

損切幅が狭く(最大10pips)、「損傷利大」となっていると同時に、統計上の勝率が70%以上となっているため、落ち着いてトレードを繰り返すことによって、利益を積み上げることができます。

短時間のトレード

平均すると1回のトレードが30分前後となります。含み損を抱えたままズルズルとトレードを続けることが無い為、時間的、メンタル的にも余裕が生まれ、トレードを楽しむ事ができます。

レンジ相場にも強い

プライス・アクショントレードは、トレンド相場だけでなく、レンジ相場にも強い事が分かっています。レンジ相場でコツコツ稼ぎ、トレンド相場でドカンと稼ぐ、そういったトレードを実現できるようになります。

「チャートの内部情報」を可視化できれば、個人投資家におって最強の武器となる

マニュアルに沿ったトレードの売買ポイントを、5分足や15分足にプロフィットしてみると、図のような感じになります。

30分前後の短期トレードですが、主要な値動きの大部分を捉えていることがわかります。

本マニュアルは、次のような方におすすめです。

・トレードする時間が限られているので短時間で稼ぎたい

・大きな含み損は抱えたくない

・レンジ相場でも勝てる手法が知りたい

・毎月、安定的な収益を目指したい

ティックチャートとは?

上の図が、ティックチャーと言うものです。あまり普通のものとは河江いませんね。

「ティック」と言うのは、FX会社から配信される価格レートを数える単位で、価格が更新されるたびに1ティック、2ティックと数えられます。

上の図は「60ティック」でローソク足1本を描くようになっており、60回の価格更新があると1本のローソク足が完成し、新しい足が生まれます。

これに対して、ティックチャートは一定のティック回数を重ねる毎に新しい足が表示されると言う事です。

 こうしたティックチャートを使う事で、一般のチャートでは1本の陽線にまとめられてしまう値動きの中に、実にダイナミックな、トレーダーたちの攻防の様子が隠されていることを把握できるのです。

ティックチャートの秘密

【移動平均線との相性が極めていい】

一般のチャートは、取引の無ほとんどない閑散とした時間デモローソク足が進んでしまいます。そうすると、移動平均線はそれにつられて値を変えてしまうので、ダマシが頻発します。

一方、ティックチャートは、取引が無ければローソク足は進まないので、移動平均線は価格の変動に対して非常に素直に、なめらかなカーブを描くようになるのです。

これは相場のエネルギーを可視化する上で、最大のメリットとなります。

「鉄板チャートパターン」というのはどういうものなのか?

鉄板チャートパターンは、上記で説明した「ティックチャート」という少し特殊なチャートの性質を利用して、普段私たちが見られないダイナミックなプライスアクションをパターン化、公式化したものです。

プライスアクションがどのような条件を満たせば上がるのか・下がるのか

・どのタイミングでエントリーすべきか

・どこで利食い・損切りをすれば良いのか

・そのほか注意すべきことは何か

こういった情報を集約したのが「鉄板チャートパターン」です。

後書き

マスターするまでは少し知識と時間を必要とするとは思いますが、基本さへしっかり身に着けておけば、インジケーター等に頼ること無く永遠に自分のトレードスタイルとして確立できると思います。

そのトレードに於いてのパターンを学んでおけば、どういった局面でもトレードでき、利益を上げることができます。

鉄板パターンさへ身に着けておけば、現在のご自身のスキルにもよるとは思いますが、時間はかかっても永久的なトレードができると思います。

Candle-Trend PRO プライスアクションを極めたい方には最適の優良手法です!30分でOK!
『Candle-Trend PRO』は、汎用性が高く、どのような手法にも応用可能な知識とスキルが特徴です!この手法は、作者のトレード人生のすべてが終結しているといっても過言ではないレベルの教材となっております。兼業トレーダ...

タイトルとURLをコピーしました