FX裁量トレード最強インジケーター(ツール・手法)を厳選して紹介!!

第三波と1ティック通過強弱で根拠を固めたスキャルを相場から読み確実にエントリーする10Pips Scalping FX Academy

頻繁にトレードを行なうものではなく、根拠を固め、エントリー精度を高めたトレード

【10Pips Scalping FX Academy】チャットコンサル付き 高精度の「ティックボリューム」を可視化する唯一のインジケーターを使って相場の本質を習得!
※2022 2月16日に内容をアップデートして更にエントリーと利確が分かりやすくなりました!チャットコンサルで丁寧に伝授しますので、誰でも習得できます! 商材概要【10Pips Scalping FX Academy】チャ...

このツールのトレード・ロジックはポンド系の通貨ペアを対象に、通過強弱を見ながら慎重にトレードタイミングを見計らって、数pipsを狙うものです。

数pipsを狙う短期売買ですが、頻繁にトレードを行なうものではなく、根拠を固め、エントリー精度を高めたトレードを行なうロジックです。

STEP1 最強通貨の確認

以下の画は、JFOREXチャートですが、このチャート上にボンド円、ポンドドル、ポンドオージー、ポンドカナダ・・・と、ポンド系通貨のラインチャート、または、ロウソク足チャートを表示します。

img

一つのチャート上に複数の通貨ペアを表示させるのですが,チャート下部にCURRENCYインジケーターを表示します。

CURRENCYインジケーターで、通貨の相関を見ながらポンド系のどの通貨ペアがトレンドを発生させるかといったことを判定します。

STEP2 第三波を待つ分析

例えば、STEP1で、ポンド円が売られトレンドが出そうだと判断した場合、

img

上の画にあるオリジナルインジケーターで、第一波が形成されていることを確認します。

STEP3 第三波の判定

第一波の形成が確認出来たら、MAの帯のところにチャンネルをざっくり引きます。
第一波目が形成された後の第三波を狙って行きます。

img

STEP4 1ティック通過強弱ツール

各通貨ペアのティックを使用して通過強弱を表示するツールを見て、最終判断を行なってエントリーを実施します。

img

と流れを簡単に説明をしましたが、ヘッジファンドのトレーダーが使う値動きの規則性を捉えるトレード・ロジックです。

我流で、トレード手法を探し、上手く行かないとお悩みであれば、matujunさんの【10Pips Scalping FX Academy】を一度検討していただきたいと思いますが、今回の動画内でトレード・ロジックの詳細が語られていますので、しっかりと内容をチェックしてみてください。

【特別映像】10PipsScalpingFX

タイトルとURLをコピーしました