2大FX高評価商材!5月31日までセールでお得!『高勝率!こんなの欲しかった!トレード大全インジゲータ v1』『Candle-Trend PRO』

【利益率】株探を見るエレフォロツール全部入りパック

エレフォロの開発した、投資情報収集支援ツール群の詰め合わせです。 

商材概要

エレフォロツール全部入りパックエレフォロ開発の投資情報収集ツールの詰め合わせです | GogoJungle

エレフォロ開発の投資情報収集ツールの詰め合わせですエレフォロ開発の投資情報収集ツールの詰め合わせです | GogoJungle

商品内容

エレフォロツールつめあわせパックには、つぎのアプリケーションが含まれています。

  • エレフォロ株探拡張(Chrome拡張)
  • SW2CL(Chrome拡張)
  • ElefoloQuickLauncher(Windowsアプリケーション)

各アプリケーションの説明

エレフォロ株探拡張

 投資情報サイト「株探」を便利にするChrome拡張(プラグイン)です。 このプラグインを導入すると

  • 決算速報一覧のページで、ネガティブワード、ポジティブワードを着色する。
  • 決算タブの営業利益、経常利益などの列に利益率を表示する。
  • 業績のビジュアルなグラフ表示
  • キャッシュフローのグラフ表示
  • 外部サイトのリンクをタブで追加する。株探からヤフー掲示板などに直接移動できる
  • 会社開示情報のカスタマイズ機能
  • 信用残高推移のグラフ表示

といった機能が株探に追加されます。

SW2CL (旧名 StockWebsite to ChartList)

株探やヤフーなど、証券情報サイトで使用するChrome拡張(プラグイン)です。

画面に表示されている証券コード付きリンクから証券コードを収集し、それをチャートリストに表示します。

たとえば株探の「本日のストップ高銘柄」ページでこのプラグインのアイコンをクリックすると、

ストップ高銘柄のチャートが全て表示されます。  株探やヤフーだけでなく、証券コードの付与されたリンクのあるページならばどこでも利用できます。 沢山の銘柄のチャートチェックを短時間で行いたいという方に有用なものとでしょう。

ElefoloQuickLauncher

このアプリケーションはWindowsの実行ファイル(exeファイル)です。

これは上記2アプリケーション(Chrome拡張)とは異なり、Windowsであればアイコンクリックで実行可能です。

 Macでは利用できません。

  証券コードに紐づくWebサイトを一度に表示します。

機能説明

【利益率】とは 売上高に対する利益の比率で、会社の収益性の見るための指標のひとつです。

エレフォロ株探拡張を導入すると、下図のように業績テーブルの隣に括弧書きで利益率が表示されるようになります。

オプション設定

オプション画面の「利益率表示」のチェックを外すと、利益率表示が行われなくなります。

補足

エレフォロ株探拡張のアイコンをクリックすることで、一時的に利益率を非表示にできます。

利益の桁がとても多い大企業の業績データを表示したとき、利益率の表示が煩わしく感じられることがあるかもしれません。

そのような場合に利用することを想定しています。

(1)利益率が表示されている状態

(2)エレフォロ株探拡張のアイコンクリックにより、利益率が非表示となる。

エレフォロサービスの最大の特徴ともいえる「チャートリスト」について

普段のトレードや銘柄探しに株価チャートを画面いっぱいにならべて眺めるような使い方をされている方が多いかと思います。そのような場合には証券会社の提供するツールを使ったり、チャート情報提供サービスを利用することが多いでしょう。

そのような使い方でチャートを眺める際に、いまひとつ物足りなく思ったことはありませんか?この「チャートリスト」は従来のチャート情報提供サービスのひとつですが、チャート分析作業を行う上で欲しくなるようなさまざまな機能が実現されています。

たとえば、複数の銘柄の株価チャートを画面いっぱいに並べることができます。これは他のチャートサービスでも同様ですが、これらの株価チャートから直接「かぶたん」や「ヤフーファイナンス」の該当銘柄へリンクを張ることができます。これによりチャートを確認しながら気になる銘柄があれば、かぶたんやヤフーファイナンスで詳細な情報を確認することができます。

また、複数の銘柄について、日足の株価チャートと直近の5分足の株価チャートを並べて表示させて画面いっぱいに表示させることも可能です。今週一週間、今日一日の値動きなどを確認しながらゆっくりとトレード戦略を検討することができるでしょう。もちろん移動平均線や出来高などをチャート内に描かせることも可能です。

もちろんこれだけではありません。チャート分析に必要な情報を表示させるだけで無く、ちょっとしたスクリーニング機能も備わってます。

「過去1週間でS高した銘柄を確認したい」、「情報通信系の銘柄を確認したい」、他にも「デジタルトランスフォーメーション銘柄」、「EV銘柄」など現在流行のテーマで銘柄をピックアップしてチャートを確認するなど、トレードの上で欲しくなるような機能が満載されています。

みなさんも興味をもたれならぜひ「チャートリスト」を使ってみてください。きっと手放せなくなるはずです。

口コミ

シンプルでとても使いやすく幅が増えました。

株探へのオリジナルタブの追加や営業利益率の併記はシンプルでとても使いやすいです。 インストールも手順に従いスムーズに出来ました。 まだ機能の一部しか利用していませんが株探閲覧の度に利用しています。 他の機能の利用法について調べて試そうと思います。 とても満足してます。

きちんとフォローをして頂きました

ファイルをDLして「右クリック」することをせずにWクリックしてしまい、なかなか先に進めませんでしたが、メールで連絡をいただきその後はスムースに進めました。 紳士的な返信コメントでかつ、きちんとフォローもして頂きました。 ありがとうございました。 拡張機能はとても見やすく性能も良いので素晴らしいです。とても満足しており皆様へもお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました