大人気のこんなの欲しかった!シリーズ3商品セットが1月限定で!89,600円 が39,800円!!

「ランダムウォーク理論」CT-TRADE SYSTEM(初号機)

【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール

もし貴方がFXで勝ちたいのなら「ランダムウォーク理論」について勉強し分析に頼らない方法を確立すべきです。

今回公開するCT-TRADE SYSTEMはランダム度が低下する=勝算のある【経済指標発表】のタイミングで稼働させる指標トレード専用の高速発注ツールです。

商材概要

CT-TRADE SYSTEM(初号機)【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール | GogoJungle

【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール | GogoJungle
  • CTSは高速発注ツールなので半裁量(半自動)取引というジャンルに該当します。
  • FXブローカーの約定力や運営体制によって損益が大きく変動します。
  • ユーザーのネット環境が脆弱な場合うまく利益を上げられない可能性があります。

9割以上の値動きがランダムで規則性のない為替相場ではテクニカル分析もファンダメンタルズ分析も大して役に立ちません。

仮に為替相場に規則性があってテクニカルやファンダで勝てるのなら今頃世界中にFX長者がボコボコ生まれているはずです。

ランダムウォーク理論とは?

株価を予測することはできない」と定義する理論を、ランダムウォーク理論と呼びます。

この理論は、株価には規則性がなく過去の値動きも予測の参考とはならない、と定義します。よって、株式分析でよく使われるテクニカル分析や、ファンダメンタルズ分析の有効性を否定しています。

ランダムウォーク理論は、フランスの数学者ルイ・バシュリエにより提唱されました。バシュリエ氏は株価の動きを、「予測ができない酔っ払いの足取りのようなもの」と考えました。

そして、経済学者バートン・マルキールの著作物を通じて、ランダムウォーク理論は有名になりました。マルキール氏も株価の予測は不可能であると考え、ある時点で株価が上昇する確率は、株価が下落する確率と全く同じだと主張しました。
また、マルキール氏は、ランダムウォーク理論では、目隠しをされたサルが新聞に掲載されている銘柄一覧に向かってダーツを投げ、命中した銘柄を組み込んだポートフォリオと、金融のプロが厳選した銘柄を組み込んだポートフォリオの運用成績に大差はないと説明しています。

ランダムウォーク理論と似たような理論に「効率的市場仮説(EMH)」があります。株式市場のパフォーマンス(インデックス)をアウトパフォームすることは不可能であることを主張している点で、これら2つの理論は共通する部分があります。しかしEMHは、「価格に影響を与えるすべての情報をマーケットは事前に反映している」という仮説が土台となっています。

ランダムウォーク理論への批判

ランダムウォーク理論を批判するトレーダーは、エントリーポイントとエグジットポイントを慎重に検討すればインデックスのパフォーマンスをアウトパフォームできると主張します。しかし、これを達成するためには、相当な時間と労力、そしてマーケットの理解が必要となります。

ランダムウォーク理論は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析の有効性を否定しています。確かにマーケットはランダムに動きます。しかし、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を行うことで、将来を完全に予測できないまでも、トレンドのパターンを見極め、それを参考にリスク管理の戦略を立てることができます。将来が予測できないからこそ、適切なリスク管理で予測できない事態に備えることは投資においてとても重要なことです。

為替相場に規則性など存在しない故に、分析など無意味である

作者はこの事実に気付くまで非常に長い年月を要しました。もし貴方がFXで勝ちたいのなら「ランダムウォーク理論」について勉強し分析に頼らない方法を確立すべきです。書籍やSNSで下手に知識をつけるより遥かに役に立つことでしょう。

そして、今回公開するCT-TRADE SYSTEM(以下、CTSとする)はランダム度が低下する=勝算のある【経済指標発表】タイミングで稼働させる指標トレード専用の高速発注ツールです。

非常に理に適ったトレード方法で勝率が高く、月に数回の取引で100pips以上獲れるため「離脱率が極めて低い」というのが最大の強みです。

当然分析など行いません。

上げ下げの予測は一切不要です!!

瞬発力が試される楽しいゲームのように、マウスを2タップするだけで利益を上げることが可能です!!

論より証拠まずは実際のトレードをその目で確認して下さい。

↓ ↓ ↓

CTSを使った指標トレードのメリットは「稼げる」だけではありません。

月に8回、毎回1分という短時間で完結させるトレードスタイルは、お金と同時に時間も稼いでいると言えます。

1日3時間チャートに向き合えば月に60時間、年間で720時間も消費するところをCTSなら月に8分、年間1.36時間の消費で済むのです。

毎年、他のトレーダーより約1ヶ月も時間を有意義に使えて十分な利益を得ることができると考えればCTSを使ったトレードがいかに素晴らしいかが分かるかと思います。

たとえ相場に大転換が訪れCTSが機能しなくなったとしても、失うのはお金だけで時間までは奪われません。

たった一度きりの人生です。

どうせやるなら「お金」も「時間」も両方手に入れる、そんな方法にチャレンジしたくありませんか?

期間限定!!100名様へ無料プレゼント

CTSパーフェクトガイドBOOK

↓ ↓ ↓

勝ちやすい指標やCTSの設定値など重要な情報を記載しています!!

CT-TRADE SYSTEM(初号機)【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール | GogoJungle

【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール【超高勝率】経済指標の初動を『秒速』で利益に変える禁断のFXツール | GogoJungle

ゴゴジャンランキング

タイトルとURLをコピーしました