シンプルトレード5分足スキャルピング 専業トレーダーはこうやって稼ぐ!FXの必勝テクを公開!

エリオット波動は3波狙い?それとも5波?か?GSの究極ジグザグエリオット

エリオット波動を使われている方は多いのではないでしょうか。
上位足のトレンドを確認して初動からの押し目、戻りを狙った3波。
ダウ理論やジグザグを用いての更に5波狙い。
3波を取ってからの5波待ちがセオリーではないでしょうか。
最初から5波を狙うことはなく3波を取った、見逃してしまった場合
5波狙いかな、と思います。
この場合に役立つインジケーターはジグザグが便利ですよね。

GSジグザグエリオット.jpg

インジケーター概要

GSの究極ジグザグエリオットエリオット第一波の始まりであるトレンド転換、第三波の反転ポイント、そしてTFブレイクアウトつまりトレンド継続を的確に狙う究極のエリオット波動可視化インディケーター!! | GogoJungleエリオット第一波の始まりであるトレンド転換、第三波の反転ポイント、そしてTFブレイクアウトつまりトレンド継続を的確に狙う究極のエリオット波動可視化インディケーター!!エリオット第一波の始まりであるトレンド転換、第三波の反転ポイント、そしてTFブレイクアウトつまりトレンド継続を的確に狙う究極のエリオット波動可視化インディケーター!! | GogoJungle

まずは動画でご覧ください

GSジグザグエリオット4 0#エリオット#MT4#インディケータ
だいぶ、自分が意識している半裁量トレード環境に近づいてきました!!今回のバージョンアップの大きな特徴は、エリオット波動のとらえ方を、実践に近い形で実現しました!どうしても、ジグザグだと、世界中のトレーダーが見ている形と等価にみせることが困難でした。そこで、・先行期(エリオット一波から三波)・追随期(エリオット五波...

なお、動画ではGSのMTFプライスアクションと連動させています。

勝率は、後述するエントリータイミングにて約65%です。

短期足で、みれる時間のある人はより勝率が高くエントリーすることが可能かと思います。

GSのMTFプライスアクション世界中のトレーダーが注目する複数のプライスアクションを同時にリアルタイムに表示することで、エントリー精度の向上の役立ちます。かつ上位足のプライスアクションも同時に表示可能ですよ~ | GogoJungle

世界中のトレーダーが注目する複数のプライスアクションを同時にリアルタイムに表示することで、エントリー精度の向上の役立ちます。かつ上位足のプライスアクションも同時に表示可能ですよ~世界中のトレーダーが注目する複数のプライスアクションを同時にリアルタイムに表示することで、エントリー精度の向上の役立ちます。かつ上位足のプライスアクションも同時に表示可能ですよ~ | GogoJungle

特徴

エリオット波動のとらえ方を、実践に近い形で実現しました!
どうしても、ジグザグだと、世界中のトレーダーが見ている形と等価にみせることが困難です。

そこで、
・先行期(エリオット一波完成から三波完成まで)

・追随期(エリオット三波完成以降)

*一波完成とは、トレンド転換ブレイク。三波完成とは、トレンド継続ブレイクのこととここでは定義します。
で分けて、売買サインのロジックをわけることにします。

従来のサイン表示と、新なサイン表示の違いのイメージは以下の通りです。
旧は、

今回のバージョンアップは、

そして今回のバージョンアップの特徴は

押し戻り売買候補サイン

・一波の起点を、最安値に変更。
・三波確定以降は、ジグザクによるトレンド継続水平線ブレイク後の水平線戻りタッチを追加
ブレイク候補サインイン
・三波完成ブレイクサイン追加

特徴2

リペイントしません。 

リペイントが悪いとはいいませんが、過去検証には使えても、サインツールとしては使えないことは自明です。 世の中には、リペイントしたツールをさも聖杯かのようにうたうものも多くまじっているようです。 リペイントをしないことで、欠点として、頂点の決定に時差が生じます。下記のMT4上の青と赤の点が確定した時点で ZigZagの頂点が決定される仕組みとなっています。 なお、ZigZagの斜め線は、最終的に頂点が決定されるまで線はひかれません。が、決定されるまでの高値安値の頂点は スライドしていきます。サインには一切関与していないので見た目だけです。

ダウ理論に基づき、リアルタイムに、高値同士、安値同士を結び三角オブジェクトに色付けすることで 直感的に、トレンド相場か否かを可視化しています。 ピンク系が、下降トレンド。青系が上昇トレンド。その他の色がレンジ相場となります。
 注Ver3.3では、判別ゾーンを増やしたことにより、視認性がよくないのでデフォルトは色付けなしにしてあります。
ダウ理論と、エリオット波動の定義に基づき、第一波の候補が決定された時点で、フィボナッチリトレースメントを自動的 に引きます。フィボナッチラインは、次の候補が決定されるまで、削除されない仕様となっています。 4.0では、フィボ数値表示期間を数値100、0をブレイクしたら削除に変更してあります。

■フィボナッチラインが引かれると同時に、市場にて一番意識される、フィボ38.2と61.8を間をゴールドにて塗りつぶします。

■4.0では、38.2、50.0、61.8の最初のタッチのみを各々サイン点灯させます。 ただし、仮にジグザグの頂点が確定した時点で38.2を割り込んでいた場合は、50以降にタッチサインが点灯する仕様です。

注意

セット時は、過去のバーをみて判断していません。

つまり思惑通りのロジックにて、オブジェクトが生成されません。よって、実行させたのち、最初の売買サインがあてられるまでは、無視してください。

トレード方法例

■本インディケーターは、通貨ペアは特に選びません。時間足も特に選びません。

ただし、環境認識つまり、1h、4h足等の長期足にて活用することをお勧めします。 

短期足にて、確実に上昇や下落がとまったことを確認した方がより、勝率の高いトレードがとれると思います。 もちろん短期足でも同様にインディケーターが表示されるので、高い精度で確認は可能だと思います。

■一般的に、売りの場合、押し安値の水平線の下で戻り売りを狙う方が勝率が高いとされます。水平線を必ず意識して エントリーすることをおすすめします。買いは逆。

■目標とする、フィボナッチラインを急激にわったり、抜けたりした場合は、相場の勢いが逆に流れているのでエントリーは 避けた方がよいと思います。。

■エントリー方法は、売買サインが点灯すると、メールやPush通知等にて連絡が入ります。 

そこから、エントリーするタイミングをはかることになります。

■エントリーは、38.2と61.8の間(ゴールドゾーン)に入って、価格が止まったことを確認してからエントリーすることをお勧めします。

利確と損切は、あくまでも一例ですが、作者の場合、損切はフィボナッチライン38.2でエントリーした場合、68.2。 利確は、前の高値、安値とかで決めます。もちろんリスクリワード比率が2以上等、なお幅がなければエントリーを 見送ることになります。利確幅と損切幅の設定は、おすすめは ・三波押し戻り狙いは、リスクリワード2以上 ・トレンド継続後の、戻り水平線タッチ狙いは、リスクリワード1以上 ・トレンド転換ブレイク狙いは、リスクリワード1前後 ・トレンド継続ブレイク狙いは、リスクリワード1前後 となります。特に、三波押し戻り狙いは上位足の環境認識次第ですが、狙える場合は大きく狙えるチャンスが発生します。

■その他として、高値、安値にラインを自動で引いてあるので、トレンドラインを自分で引いて裁量に使う際も、有用かと 思います

■アラートの仕様。サイン点灯直後に一回でます。 ちなみに、アラートの説明です。 例 エリオット第三、五波の押し目戻り目 水色、ピンクサインの場合 Sell EUROJPY60 高値ポイント=*****,安値ポイント=*******,押し安値=******* という表示が出ます。 Sell:売り EUROJPY60:監視している通貨ペア名 高値ポイント:フィボナッチリトレースメントの始点の価格 安値ポイント:フィボナッチリトレースメントの終点の価格 押し安値:チャート上に表示される赤いラインの価格
 注:4.0の新モードでは、五波の押し戻り目サインは通知および点灯しません。

パラメータ設定

・三波新定義設定ON/OFF 4.0にて追加
・上位足用ZigZag デフォルトは4時間・ZigZag期間 デフォルトは12
・下位足用ZigZag期間 デフォルトは1 4.0にて追加
・ZigZag高値頂点色設定 デフォルトはなし
・ZigZag安値頂点色設定 デフォルトはなし
・メール通知 デフォルトはfalse
・アラート通知 デフォルトはfalse
・スマホプッシュ通知 デフォルトはtrue 
・トレンド表示三角オブジェクト上昇色 デフォルトはなし・トレンド表示三角オブジェクト下降色 デフォルトはなし・トレンド表示三角オブジェクトレンジ色 デフォルトはなし

解説

添付図の説明
解説を白抜き文字にて、記載してあります。なお、最後の二つは、・MTFプライスアクション・MTFトレードレンジモニターとの連動によるトレード方法となります。

GSジグザク1.PNG
GSジグザク2.PNG
GSジグザク331.PNG
GSジグザク332.PNG
GSジグザク333.PNG
GSの究極ジグザグエリオットエリオット第一波の始まりであるトレンド転換、第三波の反転ポイント、そしてTFブレイクアウトつまりトレンド継続を的確に狙う究極のエリオット波動可視化インディケーター!! | GogoJungleエリオット第一波の始まりであるトレンド転換、第三波の反転ポイント、そしてTFブレイクアウトつまりトレンド継続を的確に狙う究極のエリオット波動可視化インディケーター!!エリオット第一波の始まりであるトレンド転換、第三波の反転ポイント、そしてTFブレイクアウトつまりトレンド継続を的確に狙う究極のエリオット波動可視化インディケーター!! | GogoJungle
タイトルとURLをコピーしました