高勝率!明日から勝てる!値動きの特性を捉えた【一生使える不変】の手法!10pipsを狩り続ける!レスポンストレード手法

トレンドを通貨強弱で見分けるインジケーターで勝ち取れ!

トレンドを通貨強弱インジケーターで正確に判別できる手法

『トレンドを通貨強弱インジケーターで正確に判別できるFX手法を伝授します』

FXは通貨の持つ、その時の価格( 価格 )で対する通貨ペアに選んだ価格に対して、強いか弱いかで判断されます。

チャート上にはその強弱によって上がり下がりします。

それをトレーダーは読み取り( 未来 )売り買いし、その差額を利益として受け取ります。

要するに通貨のその時の強さが分かっていれば、どの通貨が強くてどの通貨が弱くてが分かりますのでそのペアを選んでトレンドをつかめば勝てるという事になります。

しかし、ここで要注意点があります。

要人発表、突発的な出来事でその強弱バランスが一瞬極端に上下する事がありますので、ここはファンダメンタルズの世界になりますが、右サイドバーにもありますように経済指標はチェックしておいて、その時間帯はトレードを避けた方が無難です。

しかし、博打のようにさいころを振ってどちらが出るか予想してポジションを取って、その一瞬で利確する人もいるかも・・。

危険ですが・・。面白いかも・・。

もし反対にいったら、大負けしますが・・。

最強の通貨強弱インジケーター!異国のBB通貨強弱MTF

最強の通貨強弱インジケーター!RSI,CCI,ストキャスティクス,DeMaker,MFI,WPRを使って通貨の強弱が見れる!

キャンペーン期間2021年6月10日 00時00分~2021年10月31日 23時59分

参考価格:¥24,800(税込)¥19,800(税込)(20%OFF)

重大告知

2021年に改良を重ね大幅にバージョンアップました!

異国のBB通貨強弱MTF最強の通貨強弱インジケーター!RSI,CCI,ストキャスティクス,DeMaker,MFI,WPRを使って通貨の強弱が見れる! | GogoJungle

最強の通貨強弱インジケーター!RSI,CCI,ストキャスティクス,DeMaker,MFI,WPRを使って通貨の強弱が見れる!最強の通貨強弱インジケーター!RSI,CCI,ストキャスティクス,DeMaker,MFI,WPRを使って通貨の強弱が見れる! | GogoJungle

開いている通貨ペアの強弱が変わった時にサインが表示されます!

バージョンアップを行い、開いている通貨ペアの強弱の変わり目でサインが表示されます!

例えば、ドル円チャートに「異国のBB通貨強弱MTF」を入れている時には、自動的にドルと円の通貨強弱の状態を監視して、ドルと円の強弱が逆転した場所でサインを出します。

以下の画像のようにドルが円より強かった状態から、状況が逆転し円の方がドルより強くなると、以下のようにメインチャートとサブチャートにサインが表示されます。

異国の通貨強弱

セットもあります

【異国のTDI】と【異国のBB通貨強弱MTF】のお得なセット販売!

【異国のTDI】と【異国のBB通貨強弱MTF】のお得なセット販売!相性のいい異国のインジケーター【異国のTDI】と【異国のBB強弱通貨MTF】のお得なセット販売です! | GogoJungle

相性のいい異国のインジケーター【異国のTDI】と【異国のBB強弱通貨MTF】のお得なセット販売です!相性のいい異国のインジケーター【異国のTDI】と【異国のBB強弱通貨MTF】のお得なセット販売です! | GogoJungle
TDIを使用し、ダイバージェンスも分かる!異国のTDI
今注目のインジケーター「TDI」を最大限まで進化させた究極のインジケーター!TDI(Traders Dynamic Index)とはTDI(Traders Dynamic Index)は以下の要素で構成されるインジケータで...

(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」

(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」 | GogoJungle

(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」 | GogoJungle

FXトレードをする際に最も重要なのはダウ理論とグランビルの法則ですが
作者が次に重要視しているのが「資金の流れ」です。

資金が流れている通貨は上昇しますし、
反対に資金が引かれている通貨は下落します。
この時に資金が流れている通貨と引かれている通貨の通貨ペアは
大きなトレンドを発生してくれます。

「エントリーしたらレンジ局面になって利食いが出来ない・・・」
これは資金が流れてもいなくて、資金が引かれてもいない局面ですので
エントリーしても利益を上げる事が難しいって事です。

今回のインジケーター「FoF(Flow of the fund)」では
各通貨(通貨ペアではありませんのでご注意)の資金の流れを把握出来ます。

GBP/JPY5分足チャートです。

2020y02m02d_185434702.jpg

サブウインドウに表示されているインジケーターが「FoF(Flow of the fund)」です。
GBPが買われて、JPYが売られている局面です。
このケースではGBP/JPYが上昇しているのが分ると思います。
GBPに資金が流入していて買われており、
JPYからは資金が引かれて売られているのでGBP/JPYは上昇して行きます。

GBP/CHF5分足チャートです。

2020y02m02d_185444475.jpg

AUD/USD5分足チャートです。

2020y02m02d_185547205.jpg

AUDとUSDだけでなく、どの通貨にも資金が流れておらず、
どの通貨からも資金が流出していない局面です。
この様な局面では、どの通貨ペアを選んでも
BuyでもSellでも勝てない局面になってしまいますが
そんな日なんだって事で様子見をするのが賢明です。

USD/JPY5分足チャートです。

2020y02m02d_185555342.jpg

この局面のUSD/JPYも同様です。
USDもJPYにも資金の流れはありませんね
買われても売られてもいない局面ですからレンジ局面なんですよね

「USD/JPYでトレードする」って決めている方もおられると思いますが
資金の流れを把握していないとレンジ局面を回避出来なくて
結果、負けトレードになってしまいます。
資金の流れでトレンドなのか?レンジ局面なのかを把握出来るのは
大きなアドバンテージになります。

GBP/JPY5分足チャートです。

2020y02m02d_185603174.jpg

この「FoF(Flow of the fund)」では
色々なテクニカル指標での資金の流れを確認する事が可能です。
「MA」「RSI」「CCI」「STOCH」「DeMarker」「MFI」「WPR」の7種類あります。
今回は「MA」で説明しましたがお好みのテクニカル指標を使ってお役立て下さい。

( 作者様引用 )

如何でしょうか?
通貨強弱で資金の流れを把握する重要性は伝わりましたでしょうか?
個人的には通貨強弱を把握する事でトレード成績が飛躍的に向上しました。
ご自身のトレードにお役立て下さい

『TLp2-str 通貨強弱』

この商材は『トレンドラインPro2』補助的商材になりますので、大元( 親 )を購入したほうが良いかもしれません。

大元はライントレードインジケーターです。

『TLp2-str 通貨強弱』『トレンドラインPro2』補助インジケーター<br>潜在的な圧力(方向・強さ)を、<br> リアルタイムで計算・表示!! | GogoJungle”> <p><strong>対象チャートからは読み取れない、対象通貨ペアに掛かる</strong><strong>圧力(方向・強さ)を、他通貨ペアを使って、リアルタイムに計算・表現</strong>します。</p><p><strong>トレードする際の様々な場面で使える</strong>インジケーターです。( キャッチフレーズより )</p><figure class=

上画像は、本インジケーターを表示させたチャート、10通貨ペア分を並べたものです。

一番強いのは、ユーロドルであることが、一目で分かります。

下画像は、『トレンドラインPro2』と合わせて表示させた様子です。

str1.png

特徴

◆ 一番強い通貨ペアが一目で分かる様に順位を表示し、1位となった通貨ペアをアラート等でお知らせできます。

◆ 順位やアラート等のお知らせに、指定数以上の強さでなければ反応しないフィルターをご用意しています。

◆ 同じ通貨ペアであれば、どの時間足で表示させても同じ表示となります。

◆ 対象である10通貨ペア以外では何も表示されません。

◆ 10通貨ペアが揃っていないMT4だと、算出できないのでバツ印が出ます。

◆ 8つある▲▼記号の、左側が大局を示し、右側が小さい局面を示しています。

◆ 1週間の始まりである月曜日の朝が、本インジケーターにとっても計算の始まりです。(リセットされます)

◆ 本インジケーターの本領発揮は、ロンドン時間以降の相場が活発化してからです。

◆ デイトレードからスキャルくらいでのご活用が適切です。

◆ ボラティリティが高い相場にて、最もトレードに適した通貨ペアが分かります。

◆ 相場全体に方向感がなく、トレードすべきでない相場を見極める事ができます。

◆ 抵抗を抜けるか、跳ね返されるか、相場の機微を読み取り、後押ししてくれます。

◆ 場合によっては、反転のタイミングがチャートの値動きより早く分かる事があります。

◆ エントリー後の逆行リスクを下げる事ができます。

◆ 利益の最大化がしやすくなります。

対応通貨ペア

表示できる通貨ペアは以下の通りです。

str pear.png

仕様

圧力の強さは、▲が3段階、▼が3段階、そして表示無しの、計7段階表示となっています。

強▲:青色
中▲:薄い青色
弱▲:とても薄い青色

中間は表示なし
弱▼:とても薄い赤色
中▼:薄い赤色
強▼:赤色

各局面の表示は、上記の7段階の▲▼を、大小8つの▲▼を並べて表現しています。

str map.png

8つの▲▼は、左側が大きい基準にて大局を示し、右側が小さい基準にて小さい局面を示しています。

※ 最初の起動時のみ、計算に必要な10通貨ペア全チャート情報の読み込みで、少しだけ時間を要する場合があります。

ダウ理論とは別の視点から、相場の本質的な部分を視覚化したインジケーターですので、『トレンドラインPro2』との相性は非常に良いです。

通貨ペアの相関関係は、知識としては常識ですが、実際に、刻々と変化する相場状況の中で、トレード中にそれを追うのは難しく、本インジケーターの様に、それをリアルタイムで完璧に計算してくれる存在は非常に助かります。

普遍的なロジックで、ずっと使い続けられる仕様ですので、使い続けられると思います。

インジケーターリアルランキング

トレンドラインPro2について

ライン自動描画インジケーター。

新作『トレンドラインPro2』ライン自動描画インジケーター『ライン』の精度に直結する『トレンド』認識が、ダウ理論『トレンドの定義』に基づき【完全】へと進化!<br>世界基準のサポートライン・レジスタンスライン・トレンドライン(水平線・斜め線)を自動描画! | GogoJungle”> <p></p><a rel=『ライン』の精度に直結する『トレンド』認識が、ダウ理論『トレンドの定義』に基づき【完全】へと進化!<br>世界基準のサポートライン・レジスタンスライン・トレンドライン(水平線・斜め線)を自動描画!” style=”border: 0;”></a><img loading=特徴

( 作者様引用 )

『ライントレード』の重要性を感じつつも、
習得前の壁を越えられず、敬遠されている方は、まだまだ多い様です。

✓ 『ライントレード』は上級者向けで難しい
✓ 正しい『ライン』の引き方が分からない
✓ 自分で引いた『ライン』を信用できず、トレードに活かせない
✓ 相場が動く度に『ライン』を引き直すのが面倒臭い

習得に踏み切れないのは、
1つめは、『ライン』の引き方が分からないこと、
2つめは、『ライン』を引く際に手間が掛かること、
3つめは、どれほど重要で、どれほどの効果か、ご存知ないからかと思います。

1つめと、2つめである、
『ライントレード』を行う上での、もろもろの不都合は、本商品が、全て解決いたします。

3つめに関しては、
その“根拠”を、順を追って、本ページに書かせていただきました

あなたが、FXの本質を学び、ご自身のトレード環境を、本気で整えたいのなら、
ぜひ、この先を読み進めてみてください。

世界基準のサポート・レジスタンス・トレンドラインを自動描画!ライン自動描画インジケーター トレンドラインPro2
世界基準のサポート・レジスタンス・トレンドライン(斜め線・水平線)を自動描画!『ライン』精度に直結する『トレンド』認識が、ダウ理論『トレンドの定義』に基づき【完全】へと進化しました!MT4『トレンドラインPro2』ライン自動描画インジケータ
sub001.png

相場の値動きは、“市場参加者”の売買によって作られており、売りと買いの“多数決”によって、相場は動きます
※ 市場参加者 = 銀行・証券会社・機関投資家・一般事業法人・個人など

売りより買いが多い→レートが上がる
買いより売りが多い→レートが下がる

相場の値動きの本質は、この“多数決”にありますので、独りよがりな個人の思惑で、勝ち続けることはできません。

トレードをする際には、必ず、相場を動かすほどの“チカラ”がある、“多数決”の意識が集まるところを、自らも意識することが必要です。

言い換えますと、
“市場参加者”である世界中のトレーダーが、何を基準にトレードしているかを知ることに、“多数決”の波に乗るためのヒントがあるということです。

sub002.png

彼らの共通認識の1つに、最も古く、最も有名な、『ダウ理論』があります。

テクニカル分析の多くが、何らかの形で『ダウ理論』に由来しており、この理論こそがテクニカル分析の元祖と考えられています。

特に、その中でも、『トレンドの定義』に基づくチャート分析は、必須です。

世界中のトレーダーと、同じ基準で引いた『ライン』でも、その抵抗の強さは、すべてが等しく同じというわけではありません。

世界中のトレーダーが、意識するからこそ、効果がある『ライン』は、意識される強さによって、値動きに与える影響力が変化します。

① トレンド方向に逆らう『ライン』は簡単に抜けやすく、トレンド方向に沿う『ライン』の方が、反発しやすいです。
※ 原理原則に沿っている。 前述の『ライン』を引く基準を見返してみてください。

誰もが同じ場所に引いてしまうほどに、綺麗に引ける『ライン』は、世界中のトレーダーに強く意識され、値動きに強く影響しやすいです。

②を前提に、大きい基準で引かれた『ライン』ほど、時間を掛けて多くの意識が集まるので、値動きに強く影響しやすいです。

まとめますと、
「気づきやすい・分かりやすい」ほど効きやすいということです。

分かりやすいチャート形状、及び、『ライン』であるほどに、強い値動きが生まれるのであれば、そこだけでトレードするべきです。

逆に言うならば、強い値動きが生まれない、読みづらい相場で、なんとか『ライン』を読もうと、試行錯誤することに意味は無いということです。

頑張るべきはエントリーに適したタイミングまで【待つ】ことで、そうしたチャートがなければ、素直に、休むか、他の通貨ペアに目を向けましょう。

トレードの基本である” ダウ理論 ”を根拠としたこの商材デライントレードをすれば、っ裁量トレードの腕を磨けることになります。

新作『トレンドラインPro2』ライン自動描画インジケーター『ライン』の精度に直結する『トレンド』認識が、ダウ理論『トレンドの定義』に基づき【完全】へと進化!<br>世界基準のサポートライン・レジスタンスライン・トレンドライン(水平線・斜め線)を自動描画! | GogoJungle”> <p></p><p></p></div><footer class=
インジケ-タ-おススメEA&インジケ-タ-
アイゼンをフォローする
エフエックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました