FX歴38年の重鎮!が伝える、完全予約型注文トレード!パターンを覚えるだけ!

かんたんFXの『GMMAトレード手法』と『ローソク足トレード手法』セットで割引版

2つのトレード手法がセットになったお得な割引版

この商品は、かんたんFXの『GMMAトレード手法』と『ローソク足トレード手法』がお得な割引価格で購入できるセット販売のページです。それぞれ単体ですと29800円2つの手法合計で59600円のところ、約1万円割引の49700円にてお求め頂けます。

どちらの手法も単体で月利20%以上をコンスタントに稼ぐ手法である事は2020年1月に作者がブログ開始時からリアルトレードの履歴を全て公開している事で実証済みです。

GMMAトレード手法もローソク足トレード手法もどちらも非常にシンプルですから親和性が高く、この様に併用しても各手法単体での運用と並ぶか或いはそれ以上のパフォーマンスを発揮します。

作者は先日も紹介した” かんたろう ”さんです。( 今非常に人気です! )

かんたんFXの『GMMAトレード手法』と『ローソク足トレード手法』セットで割引版毎日ブログでリアル口座の成績を公開中の2つのトレード手法がセットになったお得な割引版です! | GogoJungle

毎日ブログでリアル口座の成績を公開中の2つのトレード手法がセットになったお得な割引版です!毎日ブログでリアル口座の成績を公開中の2つのトレード手法がセットになったお得な割引版です! | GogoJungle

『GMMAトレード手法』とは?

かんたんFXのGMMAトレード手法リアル口座のトレード履歴を公開してその優位性はリアルタイムで実証中!オリジナルGMMAを駆使した爆発的に稼ぐトレード手法! | GogoJungle

リアル口座のトレード履歴を公開してその優位性はリアルタイムで実証中!オリジナルGMMAを駆使した爆発的に稼ぐトレード手法!リアル口座のトレード履歴を公開してその優位性はリアルタイムで実証中!オリジナルGMMAを駆使した爆発的に稼ぐトレード手法! | GogoJungle

『GMMAトレード手法』の特徴

結論から先に書くと既存のGMMAを使っていては勝てませんし稼げません。

何故なら既存のGMMAはレンジ相場になると振り回されるという致命的な欠点があるからです。

期間の短い移動平均線を使っているので無理もない話ですが、値動きの7割を占めるというレンジ相場では全く勝てないどころかトレンド相場で得た利益も全て吐き出してしまうでしょう。

一方で私が販売する『GMMAトレード手法』で使うGMMAは既存のGMMAとは異なり、ひとつ上の時間軸のGMMAを同時表示させるというスタイルを採用しています。

これは既存のGMMAです。ちょっとした値動きでもすぐGMMAを上下に突き抜けてしまうので、その度に売りだ買いだとトレードしていると本当に勝てません。

一方でこちらは『GMMAトレード手法』で使うGMMAです。

小幅な値動きを拾ってしまう短期GMMAを廃止し、代わりにひとつ上の時間軸の長期GMMA(名付けて超長期GMMA)を同時表示させています。

たったこれだけの工夫ですが、これのおかげで小さな値動きやダマシに振り回される事なく、より大きな流れ(ひとつ上の時間軸)に沿ったトレードが自然とできるようになります。

かんたんFXのローソク足トレード手法とは?

かんたんFXのローソク足トレード手法ローソク足を使い相場の天底を取りに行くシンプルでハイパフォーマンスなトレード手法! | GogoJungle

ローソク足を使い相場の天底を取りに行くシンプルでハイパフォーマンスなトレード手法!ローソク足を使い相場の天底を取りに行くシンプルでハイパフォーマンスなトレード手法! | GogoJungle

『ローソク足トレード手法』の特徴

『ローソク足トレード手法』では大相場の天底やトレンド相場の押し目底や戻り天井など、大なり小なりこうした相場の天底で出現しやすい特定のローソク足の形状(パターン)でトレードする非常にシンプルで優位性を持ったトレード手法です。

例えば下のチャートで黄色い丸で囲った箇所には買いシグナルとなる特定のローソク足パターンが出現していますし、赤い丸で囲った箇所には売りシグナルとなる特定のローソク足パターンが出現しています。

つまりこの特定のローソク足パターンを覚える事で、黄色い丸で囲った場所からは買いトレードをそして赤い丸で囲った場所からは売りトレードを仕掛けることができるようになります。

こうして見ると、大相場の天井や底からのエントリー、そしてトレンド相場の押し目底や戻り天井からもエントリーできている事がお分かり頂けるでしょう。
事実、米ドル/円では1998年8月に史上最高値をつけた際に売りのローソク足シグナルが出現し、この高値は未だ破られていません。


事実、ゴールドでは1999年8月に史上最安値をつけた際に買いのローソク足シグナルが出現し、この安値は未だ破られていません。

事実、ユーロ/米ドルでは2008年7月に史上最高値をつけた際に売りのローソク足シグナルが出現し、この高値は未だ破られていません。


事実、S&P500では2009年3月に史上最安値をつけた際に買いのローソク足シグナルが出現し、この安値は未だ破られていません。

こうした例は枚挙にいとまがありませんが、これら大相場に限らず毎日の様に各銘柄で出現する大なり小なりトレンド相場でも、押し目底ではローソク足の買いシグナルが出現していますし、戻り天井ではローソク足の売りシグナルが出現しています。

タイトルとURLをコピーしました