新!!『もちぽよアラート』トレンドの押し目&戻し~逆張りまで、高精度で狙えるサインインジケーター+手法のセット

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

裁量トレーダーに向けたインジケーター!

今まで勝てなかった・・、そんな貴方に!市場心理とテクニカル分析に裏打ちされた、確かなロジックを搭載したインジケーター相場の原理原則インジケーター

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

インジケーター概要

このインジケーターは、エリオット波動とフィボナッチリトレイスメント、チャートパターンという人間の本能を利用するテクニカル分析が元となっており、高い再現性を実現しています。

FX、CFD、仮想通貨の全てに通用するエリオット波動とチャートパターンの目標値を正確にMT4のチャート上にアウトプットする新しいタイプの裁量トレーダー向けのインジケーターです。


販売者は、金こむチャンネルというチャンネル登録者数5000人超のYouTubeチャネルのメディアを有しており、そのロジックの高い再現性を、毎日、視聴者に示しています。


このインジケーターは、エリオット波動とフィボナッチリトレイスメント、チャートパターンという人間の本能を利用するテクニカル分析が元となっており、高い再現性のため、購入者の方にも感謝して頂けます。

このインジケーターに向いている人

やはりシステムでは無く、裁量トレードで勝負したい!と言う方!!

相場の原理原則インジケーターは、そのような期待に応えることが可能です。

全く知識のない方でも、この相場どこまで動く?が分かるようになります。

何故、エリオット波動なのか?

相場の原理原則インジケーターのテクニカル分析とは?

ここでいうテクニカル分析は、移動平均線やRSI、MACDといったテクニカル指標のことではありません

よく勘違いされている方がいますが、テクニカル指標はテクニカル分析の中のほんの一部にすぎません。

テクニカル分析は後付けだから役に立たない」と声高に語るトレーダーもいますが、その多くは

テクニカル分析=テクニカル指標と考えている方だと思います。

もし、そうでなければ、中途半端な知識しかないと断言できます。

ぶっちゃけ、値動きを予想する上で、テクニカル指標はテクニカル分析の中でも最も重要度が低いと私は考えています。

では、テクニカル分析の中で、最も重要なモノは

一口にテクニカル分析と言っても、テクニカル指標以外でパッと思いつくだけでサポート、レジスタンス、トレンドライン、チャネルライン、チャートパターン、エリオット波動、フィボナッチリトレイスメント、P&Fチャートetc・・・

これだけあります。

もし、数多いテクニカル分析の中で、裁量トレーダーが勝つための武器になるのはどれかと聞かれれば、

作者は迷いなくエリオット波動と答えてます

エリオット波動のサイクルについて図にすると、こんなイメージです。

<エリオット波動のイメージ図>

そして、エリオット波動には、以下の原理原則があります。(上昇トレンドの場合)

このエリオット波動の原理原則だけでも・・・

第3波が最短にならないのであれば、

  • トレードは第3波を狙うことが効率的だな。
  • 第3波を狙う場合のロスカットは、第1波の始点だな。
  • 第1波高値は、第3波発生後は、サポートとして機能するな。

ということがイメージできますよね?

つまり、エリオット波動がわかれば、「そろそろ上昇が止まって調整してきそう。」
「調整は、この辺りで止まりそう。」

といった相場の値動きのリズムが事前にわかるようになったり、また、ある程度、どう動くか、どこまで動くかという尺度も持つことができます。

どのくらいのレベルで値動きがわかるのか?

動画でロジックを組み込んだ場合の予想値。

解説をご確認されたい方は、9分16秒からのくだりをご視聴ください。

エリオット波動に独自ロジックを組み入れて目標値を予想しています。

2020年2月18日(火)~1ヶ月間【暴落予兆?】ドルウォン相場を分析してみた
◆サブチャンネルもよろしくお願いします。◆トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】はこちら

第3波の目標値到達後、続いて別の日に、第5波を予想

その結果。

予想通りのドンピシャですよね?

偶然だと思われる方や気になった方は、「金こむチャンネル」で検索して確認してみてください。

ドルウォンの動画であれば、ほとんどエリオット波動の分析を入れていますので、今回が偶然かどうか、確認できると思います。

しかも、私が今まで蓄積した目標値算出のノウハウの全てを投入し、

エリオット波動だけでなく、フラッグやペナントなどのチャートパターンの目標値やフィボナッチリトレイスメントもアウトプットすることが可能です。

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

コメント

タイトルとURLをコピーしました